Warning: Use of undefined constant analytics_location - assumed 'analytics_location' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/iryoutoukei/www/wp/wp-content/themes/msx-02-170929/functions/adminpages.php on line 980

Warning: Use of undefined constant analytics_location - assumed 'analytics_location' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/iryoutoukei/www/wp/wp-content/themes/msx-02-170929/functions/adminpages.php on line 980
  1. ホーム
  2. 医療統計学
  3. 診療ガイドライン
  4. ≫診療ガイドラインについて

診療ガイドラインについて

診療ガイドライン=教科書か?

診療ガイドラインとは、EBMに即して、系統的な(システマティックレビュー)により作成された臨床的推奨を含む文書のことです。患者と医療従事者を支援する目的で作成されていて、臨床現場における意思決定の際に判断資料の1つとして利用することができる。

教科書の記述の仕方や内容が総論的・網羅的であるのに対して、診療ガイドラインは、具体的な臨床問題(クリニカルクエスチョン)に立脚して系統的に作成されているのが特徴。また、出典エビデンスのレベルや有効性に応じた推奨度の強さも記載されている。

診療ガイドラインは、医療従事者の経験を否定するものではない。また、診療ガイドラインに示されるのは、一般的な診療方法であり、必ずしも個々の患者の状況に当てはまるものではないことに注意が必要。

 

診療ガイドライン=EBM?

EBMは、個々の患者に始まり、患者に帰着します。その意味で、EBMはあくまでも患者主体の個別化医療を目指すものです。

EBMの実践は多岐に渡るが、その一環としてエビデンスに基づいた診療ガイドラインがある。診療ガイドラインは、あくまでも最低限の安全性と有効性を維持するための指針。杓子定規に適用すると、個別化医療につながらなかったり、誤った診療に陥る危険性があるので、それぞれの症例で勧告内容を取捨選択することが重要。

さらに患者の意向や価値観も加味して患者と協動方針を決定することが重要である。

この診療ガイドラインの活用促進には、診療ガイドラインの価値を高めること。活用の阻害因子への対策をとることが重要である。

スポンサーリンク

この記事が参考になりましたら、シェアをお願いします。


Warning: Use of undefined constant analytics_location - assumed 'analytics_location' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/iryoutoukei/www/wp/wp-content/themes/msx-02-170929/functions/adminpages.php on line 984

Warning: Use of undefined constant analytics_location - assumed 'analytics_location' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/iryoutoukei/www/wp/wp-content/themes/msx-02-170929/functions/adminpages.php on line 984